ECサイト構築パッケージOpen-EC ECサイト構築パッケージOpen-EC
会社について BlastJについて パートナー コンタクト

BlastJ>>機能概要

機能概要Top

BlastJによる効果

動作環境

ソースの整理について

ビルドプロセス

グラフィカルプログラミング

JSPの文字コード対応

Struts拡張FW対応

EJBとの連携について


BlastJトップへ戻る

SEO機能付きCMS NEW
次世代WebDB開発言語Alinous-Core

ほぼHTMLとSQLだけでアプリケーション開発。
EclipseプラグインによるGUIデバッガ搭載
今すぐ無料ダウンロード


CROSSFIRE O/R
無料ダウンロード

WEB+DB PRESS VOL.27
BlastJ紹介記事連載掲載がスタートしました。
SoftwareDesign2005年6月号
BlastJ紹介記事が掲載されました。
JavaWorld2005年5月号のNews & ProductsのコーナーでBlastJが紹介されました
SIパートナー

業界TOPクラスのJavaエキスパートによる一括請負サービスを提供いたします。

採用のページはこちら
Webデザイン制作 Mer Design



ソースの整理について


HyperStrutsを使う際のソースフォルダ

BlastJを使う際に、Eclipseプロジェクトには、普通のソースフォルダのほかにもう一つのソースフォルダを作ります。
下図の場合、一つのフォルダ(src)は、プログラマが書くためのソースフォルダで、もう一つのフォルダ(src_gen)は、BlastJによって自動生成されたソースフォルダです。

Strutsアプリケーション


BlastJで使うファイルについて

CrossFire HyperStrutsが利用するファイルは、「hyperstruts.xml」という名前のファイルです。このファイルは、ソースフォルダー内のフォルダに、それぞれ1つずつ置くことができます。

hyper struts

hyperstruts.xmlファイルで機能ごとにページをグルーピング


一つのhyperstruts.xmlの中には、複数のページ情報を保存して、グルーピングして管理をすることが出来ます。さらには、このhyperstruts.xmlをハイパーストラッツエディターを開くと、コメント付でそれぞれのページ情報を管理できます。
下図は、あるhyperstruts.xmlでハイパーストラッツエディターで開いたときの例です。

Strutsのページ郡
拡大画像




COPYRIGHT (C) 2005 CROSSFIRE JAPAN INC. All Right Reserved